青汁の種類と違いを比較で効果がいろいろあります

MENU
 

青汁の種類が増え始めてから、各メーカーで配合成分などに工夫を凝らしています。どの青汁が一番いいのか迷ったら、無料サンプルを配布している青汁メーカーを探してみてはいかがでしょうか。おいしそうに見えたけれど実際は口に合わなかった、何も効果を実感できなかったと購入した後で感じると、損したように思えてしまいます。無料サンプルで味や効果を試すことができれば、ある程度納得がいってから購入を決められるのが便利で...

 
 

キューサイの青汁と聞いてピンときた方は、さすがです。そう、テレビCMで青汁を広く一般に知らしめたメーカーがキューサイなのです。「まずいー。もう一杯!」の台詞は、青汁は苦くてまずいけれどお代わりしたくなる何かがあるというイメージも定着させました。何十ものメーカーが青汁を販売するようになった現在でも、キューサイの青汁は変わらず愛されているのです。実は、キューサイの粉末青汁という商品は、ケール青汁部門で...

 
 

青汁のパイオニアだけあって、キューサイからは青汁の種類がいろいろ出ています。中でも最近人気上昇中なのが、はちみつ青汁です。ネーミングを見ただけで、おいしそうでしょう?はちみつといえば、テレビCMもよく流れている山田養蜂場が有名です。キューサイのはちみつ青汁は、山田養蜂場のはちみつを使った青汁なのです。外国産の輸入はちみつが多い中、山田養蜂場は国産の質の高いはちみつ作りにこだわっています。一流メーカ...

 
 

無添加の化粧品で支持されているファンケルからも、青汁が出ています。ファンケルの青汁販売には歴史があり、冷凍青汁などスーパーやコンビニでも見かけるほど普及しています。契約農家で栽培された国産のケールが使用されているので、野菜の品質から信頼できるのがファンケルらしいですね。冷凍の青汁が有名なファンケルですが、粉末タイプのケールまるごと搾りにも人気が集まっています。たった1本で、一日にとりたい緑黄色野菜...

 
 

巷で話題になっているトクホ、特定保健用食品といって消費者庁からお墨付きをもらっている健康食品です。健康に良いと政府が認めているようなものですから、多くのメーカーがこぞって研究に精を出しています。化粧品で人気のDHCから出ている青汁にも、トクホマークが付いています。それが、ケール青汁+食物繊維という青汁です。現代の日本人には、食物繊維が不足気味といわれており、セロリ7本分もの食物繊維を含んだケール青...

 
 

女性なら誰もが知っている化粧品メーカーからも、まさかの青汁が登場しています。資生堂といえば、男性でも知らない人はいないくらいの日本を代表する化粧品メーカーですよね。その資生堂から出ている青汁が、「長命草(ボタンボウフウ)」です。沖縄の与那国島でとれた長命草を使用した青汁は、ドリンクタイプとタブレットタイプの2種類になって販売されています。長命草は、その名の通り長命効果が期待される植物で、セリ科の多...

 
 

サントリーといえば、ビールにソフトドリンク、お茶飲料と知らない人はいないくらいの飲料メーカーです。青汁にも人気の商品が出ており、特に中高年以上の世代に人気があるのです。その名は「極の青汁」、サントリーが研究に研究を重ねて開発しただけあって、味にも栄養にもこだわりが詰まった青汁です。極の青汁のメリットは、身体への吸収力が高いという点です。諸外国からヘルシーな食生活を送っていると思われがちな日本人です...

 
 

女性の配達員が、企業や個人宅を回って販売してくれるスタイルがおなじみのヤクルト。スーパーやコンビニ、自販機で購入するよりも、販売員のヤクルトおばさんの存在を日本国民に定着させたのは偉大です。人の手から人の手へという販売スタイルが、ヤクルト商品の信頼にもつながっています。そんなヤクルトから登場した青汁が、「ヤクルト青汁のめぐり」です。価格の点でも人気を得ている青汁ですから、一度試してみてはいかがです...

 
 

テレビCMが絶賛放映中のコラーゲン青汁は、アサヒ緑健から発売されている青汁です。コラーゲンという言葉にビビッときた方は、美容に敏感な女性でしょう。最近の青汁には美容成分が配合されたものも多いのですが、美肌成分の代表格といったらコラーゲンですよね。ヘルシーな青汁にコラーゲンもプラスされているなんて、女性の味方そのものという感じです。コラーゲン青汁には、複数のコラーゲンが配合されています。吸収力の高さ...

 
 

単なる青汁では飽き足らない人が注目しているのが、コラーゲンなどの美肌成分を配合した青汁です。コラーゲン入りの青汁はどんどん増えていて、選ぶのが楽しくなってきます。人気のコラーゲン入り青汁をチェックして、コラーゲン不足を解消してみませんか?まず紹介したいのが、健康美人フォーラムから出ている「コラーゲン入り青汁」です。ベースが大麦若葉の青汁で、原料はニュージーランドにてオーガニックに栽培されています。...

 
 

酵素の人気が急上昇して、酵素入りの健康食品がたくさん発売されるようになりました。もともとはドリンク状の酵素が置き換えダイエットなどに人気だったのですが、今では携帯しやすい粒状の酵素や濃縮エキスタイプの酵素にも人気が出ています。人間が生きていくのに絶対に欠かせない成分、それが酵素です。酵素なくしては生きていけないといわれるほど、酵素は不足させてはならないといわれています。しかし、現代人は酵素を多く消...

 
 

代謝をよくして身体中の細胞をイキイキさせてくれる作用のある酵素は、老化を防いでくれるのでアンチエイジングにもってこいです。そんな酵素を合体させた青汁なら、今までの青汁以上の効果が期待できそうですね。はつらつ堂から出ている「酵素青汁」は、酵素に対するこだわりに並々ならないものがあります。使われている素材は100種類以上、それも野菜や果実だけでなく、山野草や海藻まで加えられています。ここに黒糖を加えて...

 
 

青汁を携帯して、いつでもどこでも利用したいという人は多いでしょう。でも、粒状の青汁だと水がないと飲みにくい、吸収率が低いのではないかと心配する人もいるはずです。そんな問題を解決してくれているのが、ゼリータイプの青汁です。青汁がゼリーに!?と驚かれても、不思議ではありません。まだゼリータイプの青汁は、種類が少ないのです。ゼリータイプの青汁の代表格が、「美感青汁」です。美感青汁の最大の特徴は、どんな人...

 
 

どうせ飲むなら、青汁を美味しく飲みたいですよね。少しでも味の好みが合うものを見つけるためには、たくさんのメーカーから青汁が出ているのは好都合です。でも、毎日飲みたい青汁は、ただメーカー品をそのまま飲むだけでは飽きてしまいそうです。究極的に美味しい青汁の飲み方を追求している人もいるでしょう。粉末の青汁は、いろいろな種類のドリンクに合わせやすいのが便利です。一番多くアレンジされているのが、青汁の牛乳割...

 
 

青汁の中でも珍品中の珍品が、「サボテン青汁」です。サボテンといえば、メキシコなどの砂漠地帯に生える植物です。実をステーキにして食べる食用のサボテンがあるので、サボテンを食べるという意味で抵抗を感じることはありません。アロエのような食感がありますから、アロエヨーグルトが好きな方などは美味しく味わえるでしょう。といっても、サボテンってどこで手に入るの?と思いますよね。温かい地方で育つサボテンのこと、日...

 
 

長寿や健康食のイメージがある沖縄の名産を使った青汁も、出ています。それが、「オキナワメイドシークワーサーゴーヤー青汁」です。楽天市場の「王様気分」というショップで販売されており、沖縄好きな方にはおすすめしたい青汁です。シークワーサーというと、酸味の強いかんきつ類としてジュースやお酒の割り物によく使われています。単なるフルーツのようですが、シークワーサーはノビレチンというフラボノイドを含んでいるので...

 
 

粉末の青汁が種類豊富になってきたのに次いで、青汁商品はどんどん幅を広げています。その人となりが多くの人から信望されている実業家の斎藤一人氏の会社まるかんからは、「青汁酢」が出ています。女性なら知っている人も多い「スリムドカン」の会社といえば、ピンとくるかもしれません。まるかんには一般的な青汁もあるのですが、これを飲むお酢に仕立てたのが、青汁酢です。ケール、大麦若葉、クロレラ、スピルリナ、クマザサに...

 
 

健康食品メーカーがこぞって開発している、青汁。この人気商材を製薬会社も見過ごせなくなってきたようです。同じ健康を目的としていても、健康食品と医薬品は異なるものですが、漢方の場合は体本来に備わっている機能を引き出して健康になることが狙いです。山本漢方製薬株式会社が出した大麦若葉粉末100%は、そんな漢方の考え方が活かされた青汁なのです。大麦若葉粉末100%は、すでに10年のキャリアを持っています。発...

 
 

製薬会社から出ている青汁は、少ないながらもいくつかあります。その一つが、三共同漢方が出している「大麦若葉青汁100%」です。25包入りで634円と破格の安さが特徴で、青汁を続けるのはお金がかかると思っている人にもおすすめです。ステラ漢方からは、九州産の素材を活かした「贅沢青汁」が出ています。ケールは九州産、クロレラは福岡産、長命草は与那国島産と、見事に九州尽くし。クロレラの青汁は珍しいのですが、贅...

 
 

従来、青汁はケールを使ったものが主流でした。野菜の王様といわれるほどの栄養豊富なケールは、青汁が日本で生まれた当初から使われていた素材だからです。しかし、ケールを上回る栄養効果や味の良さが追求された結果、今では大麦若葉も青汁の原料として高い人気を誇っています。これに次いで人気を獲得しているのが、明日葉です。明日葉は伊豆大島や八丈島などに多く自生している植物で、地元ではてんぷらなどにして日常的に食べ...

 
 

明日葉をベースにした青汁で第一におすすめしたいのは、あしたば本舗の「あしたば青汁みどり」です。あしたば本舗は、明日葉一本で40年も歩んできたメーカーです。伊豆諸島の農家と契約し、無農薬で明日葉を育てています。あしたば青汁みどりの特徴は、その野性味あふれた風味にあるといってもよいでしょう。飲みにくいと感じる人も多いほどの青臭さは、これぞ青汁とマニアにも垂涎の青汁らしい味を残しています。まずは、お試し...

 
 

青汁の健康効果というと、漠然としたものに思っている人も多いでしょう。もちろん、便秘解消や美肌効果、アンチエイジングなど、具体的な効果が期待できるのですが、その中でも最近注目されているのがコレステロール値の調整です。コレステロールは人間の体に欠かせない成分ですが、増えすぎると体によくない影響も及ぼします。たまったコレステロールが血管を詰まらせて動脈硬化を起こしたり、脳卒中につながったりもしかねないの...

 
 

青汁には非常に豊富な栄養素が含まれているため、幅広い健康問題に有効です。体にいいものを食べ続けていると、健康で病気や肌トラブル、アレルギーなどと無縁でいられます。これと同じように、健康食品である青汁も、飲み続けることで自然にトラブルと縁のない身体になれるのです。肌荒れの中でも、最近多くなっているのがニキビです。ニキビといえば十代の特定の時期に出来るものだと思われていましたが、ここ数年問題となってい...

 
 

青汁は健康の象徴、健康になる以外あり得ないと思っている方も多いでしょう。実際、青汁のデメリットといえば、味に好みがあるというくらいしか思い浮かびませんよね。ところが、青汁にもデメリットとなる要素があるのです。これに注意して、青汁を上手にとるようにすれば、適度な健康効果が望めるはずです。青汁のデメリットとして一番に挙げられるのが、下痢です。野菜には食物線維が多く、青汁はいわば野菜汁ですから食物繊維を...

 
 

青汁は健康食品ですから、食べ物の栄養を凝縮した効果に期待するのが狙いです。薬のように、トラブルとなっている患部に直接作用するわけではありません。しかし、体が健康であれば、特定の病気が起こることもありません。この意味で、青汁を取り続けているとかかりにくい病気もあるのです。青汁が効果的な病気の一つに、痛風があります。なぜ痛風に青汁が良いのかというと、痛風に悪影響を与えるのが尿酸だからです。お酒を飲んだ...

 
 

スムージーがブレイクしたときには、店頭や自宅でのミキサー加工が主流でした。それがあっという間に、コンビニでも手軽に購入できるようになったのは、いかにスムージーが人気かを象徴しています。スムージーは、果物と乳製品に氷を加えて液状にした飲み物です。氷も砕いてミックスされているので、とろみがついているのが特徴です。ドリンク状にしてあると、栄養が体に吸収されやすいというメリットがあります。どんなものでも、...

 
 

青汁を毎日の生活に取り入れる人が増えてきましたが、そうなると飽きがこないか心配になってきます。健康食品である青汁は、毎日摂取してこそ健康効果が望めるもの。自宅でアレンジすることで、飽きないように工夫してみるのも上手な飲み方です。青汁は、飲むだけのものと思っていませんか?冷凍、粉末、粒タイプといろいろな青汁商品がありますが、冷凍や粉末状の青汁なら料理やお菓子作りに活かせるのが便利です。すでに、青汁を...

 
 

青汁の種類は多いものの、そのどれもが自分に合うとは限りません。また、青汁は健康食品ですから、医薬品のように即効性を期待できる性質でもありません。飲み続けることでこそ良い作用を期待できるので、一定の期間飲み続けるチャレンジ精神が大切です。せっかく選んだ青汁を飲み続けてみたのに、思うような効果が得られず、違う青汁を新たに選ばなければならないとなると面倒になってしまいそうですよね。自分に合う青汁を探して...