ヤクルト「青汁のめぐり」はダイエット向き

MENU

ヤクルト「青汁のめぐり」はダイエット向き

みなさんは、青汁をどんな目的で飲んでいますか?

 

美容のため、
健康のため、
人によってその目的は様々でしょう。

 

ヤクルトの青汁には、
健康だけでなく美容の願いもかなえてくれるメリットがあります。
特に評判が高いのは、ぽっこりお腹やウエストまわりの悩み、
便秘からくる肌悩みのようです。

 

 

青汁にはそもそも野菜不足を解消できるという用途がありますが、
これに加えて美肌やダイエットにいいプラスがあるのはいいですね。

 

実は、ヤクルトからは、「青汁のめぐり」以外にも
「葉っぱのミルク」や「朝のフルーツ青汁」、「私の青汁」、「まろやかケール」といった
青汁の種類がたくさん出ています。

 

青汁のめぐりも、一ヶ月分が3,240円ですからお手頃。
どれも気になったら、一ヶ月ずつ試して様子を見てみてはいかがでしょうか。

 

他のメーカーとヤクルトの青汁との違いは、
やはり信頼できる製造メーカーだという点にあります。

 

青汁のメーカーには、名の知れたメーカーもあれば
「何だろう?このメーカー。」という会社もあります。

 

毎日口にするような青汁だから製造元にはこだわりたいのに、
製造は別会社に委託している販売会社が多いのも事実。

 

その点、ヤクルトの青汁なら、製造も販売も自社で行っています。
責任の所在も明確ですから、信頼度がピカイチなのです。

すこやか自慢 青汁と乳酸菌

関連ページ

ヤクルトの青汁はクセになる
甘みがついた青汁から甘みのない青汁らしい青汁まで、ヤクルト青汁のラインナップは幅が広いです。甘みがついているといっても、ただ砂糖を加えているわけではありません。腸内環境を整えるのにいいオリゴ糖が使われていて、青菜に含まれている栄養と相乗効果
ヤクルトの青汁シリーズ
ヤクルトからは何種類かの青汁が発売されているのですが、シリーズの全てが無農薬の青菜を使っているのが嬉しいですね。さすがはヤクルト、健康へのこだわりが違います。中でも、国産の大麦若葉を使った青汁は、飲み心地がいいのが特徴です。この美味しさは、
ヤクルト「葉っぱのミルク」で美肌に
女性なら、お肌のために青汁を飲みたいという人も多いでしょう。青汁には抗酸化作用のある成分が含まれていますから、肌の酸化を食い止めたいという人には最適です。つまりは老化を防いでくれることになり、アンチエイジングの美容液以上の必須アイテムになる
ヤクルト「私の青汁」の口コミ
便秘は肥満の大きな原因にもかかわらず、ダイエット中に便秘になる人も多いようです。なぜかというと、ダイエット中には食事の量を制限しがちなので、腸の働きが鈍ってしまうからです。正常に便を出すには、適度に食べて腸内を活性化させることが必要なのです
ヤクルト「青汁のめぐり」で便秘解消
大分県の国東半島と周辺地域で栽培された野菜で作ったのが、ヤクルトの「青汁のめぐり」です。このネーミング、栄養たっぷりの青汁が身体中を駆け巡ってくれそうな気がしませんか?ヤクルトといえば全国規模、いや世界規模で名が知れたメーカーですが、なぜ九
無農薬のヤクルト「まろやかケール」
青汁は、青菜を主原料とした野菜ジュースです。畑から収穫した野菜の搾り汁ですから、新鮮であることはもちろん、農薬や化学肥料をできるだけ使っていないことが望ましいですね。農薬や化学肥料を使った野菜では、栄養成分の含有量も減ってしまいます。また、
おすすめ青汁:ヤクルト「青汁のめぐり」
青汁が今ほど広く一般に普及するなんて、5年前には誰も思っていなかったのではないでしょうか。いまや青汁は、美味しいのが当たり前、青汁本来の栄養にプラスアルファの効果がついてくるのが新時代の青汁と注目されています。メーカーご
おすすめ青汁:ヤクルト「毎日うれしいケールの青汁」
「毎日うれしいケールの青汁」は、ヤクルトから出ているケール由来の青汁です。ヤクロトからは「まろやかケール」というケール由来の青汁がありますが、「毎日うれしいケールの青汁」はそれよりも飲みやすさが特徴の青汁です。秘密は、ケ
おすすめ青汁:ヤクルト「葉っぱのミルク」
毎日飲むだけで、健康になれそうな青汁。体のために何かしたいと思っているけれどと迷っている人も、青汁なら簡単に始められるのが人気を呼んでいるのです。厚生労働省が現代人は野菜不足といっているくらいですから、野菜をとらなければ
オリゴ糖入りの青汁の特徴
青汁は、日本で何十年も前に誕生した健康飲料です。誰もが十分な栄養をとれなかった時代、緑黄色野菜を搾った汁で不足した栄養を補給しようとしたのが始まりでした。もともと栄養不足を補うための健康飲料だったので、青汁に美味しさを求
ヤクルト「ごくごく飲める大麦若葉」
飲みやすくて美味しい青汁ランキングがあったら、間違いなくトップランキングに君臨しそうなのが、ヤクルトの「ごくごく飲める大麦若葉」です。大麦若葉はケールに比べるとクセがなく味の美味しさで知られていますが、「ごくごく飲める大
ヤクルト「まろやかケール」は飲みにくい?
青汁は、どのメーカーの商品も同じ味ではありません。ケールや大麦若葉など原料も違えば、加工法も違い、それによって味は確実に異なります。青汁に飲み慣れている人は、苦味や青臭さがあるくらいが青汁らしくていいといいます。逆に、青