青汁の種類と違いを比較で効果がいろいろあります

MENU
 

甘みがついた青汁から甘みのない青汁らしい青汁まで、ヤクルト青汁のラインナップは幅が広いです。甘みがついているといっても、ただ砂糖を加えているわけではありません。腸内環境を整えるのにいいオリゴ糖が使われていて、青菜に含まれている栄養と相乗効果を発揮してくれるのが凄いのです。オリゴ糖が配合されているのが、「青汁のめぐり」。同じく甘みがプラスされている青汁には、「朝のフルーツ青汁」があります。「葉っぱの...

 
 

ヤクルトからは何種類かの青汁が発売されているのですが、シリーズの全てが無農薬の青菜を使っているのが嬉しいですね。さすがはヤクルト、健康へのこだわりが違います。中でも、国産の大麦若葉を使った青汁は、飲み心地がいいのが特徴です。この美味しさは、ヤクルトが契約した農家と共に、土壌作りから始めて栽培から製造まで全ての工程を自社開発で行っているからこそ出来る味です。品質も厳しく管理されているので、安心して飲...

 
 

女性なら、お肌のために青汁を飲みたいという人も多いでしょう。青汁には抗酸化作用のある成分が含まれていますから、肌の酸化を食い止めたいという人には最適です。つまりは老化を防いでくれることになり、アンチエイジングの美容液以上の必須アイテムになるのではないでしょうか。青野菜から作られているので、ビタミンも豊富です。女性の身体に欠かせない、葉酸もしっかり含まれています。これらの働きにより、肌細胞の活性化に...

 
 

便秘は肥満の大きな原因にもかかわらず、ダイエット中に便秘になる人も多いようです。なぜかというと、ダイエット中には食事の量を制限しがちなので、腸の働きが鈍ってしまうからです。正常に便を出すには、適度に食べて腸内を活性化させることが必要なのですね。便秘を解消するために必要な食べ物は、何でもいいわけではありません。食物繊維が含まれていることが大切ですが、食物繊維は多すぎてもお腹がゆるくなってしまう場合が...

 
 

大分県の国東半島と周辺地域で栽培された野菜で作ったのが、ヤクルトの「青汁のめぐり」です。このネーミング、栄養たっぷりの青汁が身体中を駆け巡ってくれそうな気がしませんか?ヤクルトといえば全国規模、いや世界規模で名が知れたメーカーですが、なぜ九州の大分県で青汁のめぐりが製造されているのかといるのでしょうか?それは、ヤクルトの工場がこの地にあるからなのです。青汁の製造工場と野菜の産地が離れていたら、その...

 
 

青汁は、青菜を主原料とした野菜ジュースです。畑から収穫した野菜の搾り汁ですから、新鮮であることはもちろん、農薬や化学肥料をできるだけ使っていないことが望ましいですね。農薬や化学肥料を使った野菜では、栄養成分の含有量も減ってしまいます。また、残留農薬がついた野菜を食べることで、体の中に有害物質が蓄積されるのも心配です。本来、青汁に使われる野菜には、青菜の持つビタミンやミネラル、鉄分、カルシウム、葉酸...

 
 

青汁が今ほど広く一般に普及するなんて、5年前には誰も思っていなかったのではないでしょうか。いまや青汁は、美味しいのが当たり前、青汁本来の栄養にプラスアルファの効果がついてくるのが新時代の青汁と注目されています。メーカーごとに飲み比べてみて、お気に入りの味やコストパフォーマンスの高い商品を探すのも楽しみです。現在、市販されている青汁の中には、驚くほど安いものから毎日飲むにはちょっと高いかなというもの...

 
 

「毎日うれしいケールの青汁」は、ヤクルトから出ているケール由来の青汁です。ヤクロトからは「まろやかケール」というケール由来の青汁がありますが、「毎日うれしいケールの青汁」はそれよりも飲みやすさが特徴の青汁です。秘密は、ケールにガラクトオリゴ糖が配合されていること。やっぱり栄養価が抜群のケール青汁を飲みたい、でも風味が苦手で続けて飲めないという方にはピッタリですね。ケールに含まれている栄養成分にはい...

 
 

毎日飲むだけで、健康になれそうな青汁。体のために何かしたいと思っているけれどと迷っている人も、青汁なら簡単に始められるのが人気を呼んでいるのです。厚生労働省が現代人は野菜不足といっているくらいですから、野菜をとらなければと気にしている人も多いはず。そんなとき、青汁ならコップ一杯で足りない野菜の栄養分を補うことができるのは便利です。でも、いざ買おうとしてみてビックリするのは、各メーカーから出ている青...

 
 

青汁は、日本で何十年も前に誕生した健康飲料です。誰もが十分な栄養をとれなかった時代、緑黄色野菜を搾った汁で不足した栄養を補給しようとしたのが始まりでした。もともと栄養不足を補うための健康飲料だったので、青汁に美味しさを求める人はいませんでした。よく、苦い薬ほど身体に良いように言われますよね。青汁も、苦味や青臭さがあるものほど、健康的と考える人が多かったのです。しかし、時代が変わって、今では無理して...

 
 

飲みやすくて美味しい青汁ランキングがあったら、間違いなくトップランキングに君臨しそうなのが、ヤクルトの「ごくごく飲める大麦若葉」です。大麦若葉はケールに比べるとクセがなく味の美味しさで知られていますが、「ごくごく飲める大麦若葉」はさらに青臭さを抑えることにこだわっています。いってみれば初心者向きの青汁で、名前の通りにゴクゴク飲み干せてしまうのが自慢です。青汁を飲みなれた方でも、夏場などは麦茶の代わ...

 
 

みなさんは、青汁をどんな目的で飲んでいますか?美容のため、健康のため、人によってその目的は様々でしょう。ヤクルトの青汁には、健康だけでなく美容の願いもかなえてくれるメリットがあります。特に評判が高いのは、ぽっこりお腹やウエストまわりの悩み、便秘からくる肌悩みのようです。青汁にはそもそも野菜不足を解消できるという用途がありますが、これに加えて美肌やダイエットにいいプラスがあるのはいいですね。実は、ヤ...

 
 

青汁は、どのメーカーの商品も同じ味ではありません。ケールや大麦若葉など原料も違えば、加工法も違い、それによって味は確実に異なります。青汁に飲み慣れている人は、苦味や青臭さがあるくらいが青汁らしくていいといいます。逆に、青汁初心者や何度飲んでも野菜っぽい味が苦手と感じてしまう人には、甘みがついていたり飲みやすく改良した青汁が好まれています。ヤクルトの青汁「まろやかケール」はどちらのタイプかというと、...