青汁の歴史

MENU

青汁の歴史

青汁が現在のように健康食品として人気の地位を築くまでには多少時間がかかりました。

 

青汁がブレークしたきっかけはCMで「まずい」と味のまずさを訴えたことによるものでした。

 

最初は消費者にそのまずさはどのようなものなのかと興味を持たせるところから始まって、次第に青汁が健康にいいことをアピールして多くの人に愛される健康食品として定着していきました。

 

当初その味のまずさからテレビ番組で罰ゲームとして登場するようになり、メディアを通して青汁という存在が広まっていきました。

 

まずいというリアクションと体にいいということで数多くのメディアで取り上げられて有名になった商品です。

 

一番青汁を有名にしたCMが悪役俳優として知られる八名信夫さんが「あーまずい。
もう1杯」というCMのセリフです。

 

まずいのにもう1杯なのかという、インパクトから全国的に知られる存在になりました。

 

そしてテレビ番組では罰ゲームの定番として登場するようになり、世間でも忘年会などの際罰ゲームとして使われるようになりました。

 

近年の健康ブームにのって同時に健康食品としての地位も確立していきました。

 

最初は味のまずさで有名になった青汁ですが、現在では品質改良や多種化によって大麦若葉や小松菜などの野菜を使って改善した青汁も人気となっています。

 

青汁は栄養価が高いことも人気となり、今では健康を考える多くの人に愛用されています。

 

またペットの健康を気遣った飼い主によってペットにも青汁を飲ませる人が増えています。

すこやか自慢 青汁と乳酸菌