青汁の種類と違いを比較で効果がいろいろあります

MENU

青汁の販売会社記事一覧

 

青汁で有名な「やずや」という会社ですが、そもそもどのような会社なのか、ここではやずやについて紹介します。やずやは福岡県にある会社です。やずや以外の青汁メーカーや健康食品を取り扱うメーカーも多くは福岡県に会社を構えています。福岡県は空気も水もきれいでさらに土壌もきれいな街として知られています。そのようなことから各社メーカーが福岡県に会社を構えているのだと考えられます。やずやは1975年に創業開始した...

 
 

飲みごたえがたっぷりある青汁と言えばサンスターの「健康道場粉末青汁」です。青野菜を5種類もブレンドして理想的な味と栄養のバランスを整えています。1袋あたり10gも粉末が入っているのは、他社製品に比べてかなり多いです。原料は大麦若葉にケール、ブロッコリーと明日葉とモロヘイヤをブレンドしたものです。甘味料や保存料、香料など一切使っていません。苦味の強いケールに甘味のあるブロッコリーを足して、抹茶風味の...

 
 

有名なテレビ通販のダイレクトテレショップがお届けする「青汁三昧」です。多くの人に愛飲されて3億杯以上も売り上げている人気青汁です。この青汁三昧の人気の理由は栄養が豊富で美容効果があり美肌になれるからです。きれいになりたい多くの女性に支持されています。原料はケールと大麦若葉とゴーヤの3大野菜をバランスよく配合しています。主原料である大麦若葉には食物繊維や鉄分、ビタミンCが豊富に入っています。ケールは...

 
 

青汁の有名メーカー「キューサイ」です。キューサイがお届けする人気商品が「はちみつ青汁」です。山田養蜂場のはちみつを使って、ほんのり甘い青汁を作り上げました。ほんのり甘くてはちみつの味がするので、青汁が苦手な人にも飲みやすいと思います。キューサイでは青汁の原料に国産ケールを使っています。このケールとはちみつの相性も抜群です。飲んでおいしくて、体にもいい健康素材を使った青汁です。飲みやすいように分包タ...

 
 

テレビで話題となった人気商品マイケアの「ふるさと青汁」です。ふるさと青汁は原料に国産の明日葉を使っています。青汁の原料としてケールを使っているメーカーもいますが、この明日葉はケールの何倍もの豊富な栄養素を含んでいるのです。しかもケールよりも飲みやすいのが明日葉なので、明日葉の青汁は飲みやすいのです。また明日葉の中には「カルコン」という健康成分が含まれていて、体内の老廃物をすっきりきれいに流してくれ...

 
 

キューサイが取り扱っている青汁シリーズを紹介します。「粉末青汁」はビタミンやミネラルがたくさん入った、飲む緑黄色野菜といった感じです。自社でこだわって作り上げた無農薬で化学肥料も一切使っていない国産ケールを100%使って作られた青汁です。こちらは粉末タイプの青汁で、常温のものになります。食物繊維やビタミン、カロテンやカルシウムやカリウムなど現代人に不足しがちな栄養素が豊富に入っているため栄養バラン...

 
 

青汁を飲む上で大切なことは毎日飲み続けることです。そのためには飲みやすいことが一番で、最近では飲みやすい青汁が増えています。しかしそこで疑問なのが、飲みやすい青汁にはその分体にいい栄養素が少ししか含まれておらず、苦味のある青汁の方がたくさんの栄養素が含まれているのではないかということです。決してそうではありません。苦い青汁が飲みやすくなったのは、製造メーカーが飲みやすいように努力を重ねた結果であり...

 
 

青汁には大きくわけて2つのタイプがあります。1つは粉末タイプの青汁でもう1つは冷凍タイプの青汁です。まず粉末タイプの青汁のメリットは、1回分ずつ個包装されているため保管しやすいことです。また粉末状なので料理や飲み物などに入れやすいことです。そして水があればどこにでも携帯していつでも飲むことができるので簡単です。冷凍タイプの青汁のメリットは、青汁を生成してすぐに凍結させているので、鮮度と栄養が高いこ...

 
 

美容と健康に興味をもつ女性から多くの支持を得ている「えがおの青汁」です。栄養素が豊富に含まれていることはもちろんのこと、飲みやすさが人気の理由でもあります。飲みやすいので毎日続けることができるとの声が多数寄せられています。えがおの青汁では素材にもこだわっています。熊本県の阿蘇で無農薬にて作られた国産の大麦若葉を使っています。葉の緑色が濃くて素材本来の甘みを凝縮した大麦若葉です。その他にもえがおの青...

 
 

私たち日本人の成人1人あたりが1日必要な野菜の摂取量は350gです。しかし多くの人が250gから300gと摂取基準を満たしていないのが現状です。粉末青汁では、1日の目安摂取量であるスプーン2杯だけで生野菜200g分の摂取ができるそうです。忙しい現代人の味方です。青汁で有名なキューサイがお届けするもう一つの青汁シリーズがこの「キューサイ青汁冷凍タイプ」です。粉末青汁と同様に無農薬、化学肥料一切なしの...

 
 

質にこだわった極みの青汁がサントリーの「極の青汁」です。大手メーカーであるサントリーの商品なので安心して飲むことができます。青汁製造過程において、何度も残留農薬の検査を実施するなどして安全性にも気を配っている会社です。青汁を飲むことで野菜力をアップさせて、健康パワーも身につけることができます。ただ野菜の量を摂取するだけではなく、質のいい野菜にこだわっているのがこの極の青汁です。主原料は大麦若葉と明...

 
 

青汁の初心者におすすめなのが、化粧品や健康食品を扱う大手ファンケルが販売している「ケールまるごと搾り」です。原料に国産ケールを使っているのに1日あたりの価格が低価格なので、青汁を試してみたい初心者にもってこいの商品です。大麦若葉を使っている青汁よりもケールを使っている青汁の方が若干苦味を感じるため、初心者には飲みづらいかもしれませんが、その苦味が癖になるかもしれません。後味が気になる人はヨーグルト...

 
 

アサヒ緑健の「緑効青汁」は飲みやすくて独自のゴールデンバランスが人気の青汁です。ゴールデンバランスとは食物繊維に乳酸菌やオリゴ糖を配合してあるもので、腸内環境を整えてくれる効果があります。緑効青汁は多くの人が口コミで飲みやすい青汁だと評価する人気商品です。実際飲みやすさは他の青汁に比べてもトップクラスです。抹茶を飲んでいる感覚ですっと飲むことができる青汁です。あっさりとした青汁なので、青汁が苦手な...

 
 

エバーライフの「おいしい青汁」、モンドセレクションで銀賞を受賞した青汁です。誰にでも飲みやすいやさしい味が人気の理由です。苦味がなく抹茶風味でほんのり甘い味がします。おいしい青汁なので毎日継続することができます。ローヤルゼリーやヒアルロン酸などが配合されているため、特に女性にはうれしい青汁となっています。健康だけではなく美容にも効果満点の青汁です。原料は大分で有機農法によって作られた大麦若葉、天然...

 
 

キューサイ青汁のおいしい飲み方を紹介します。まずは冷凍されている青汁を水やぬるま湯などで解凍します。解凍したらコップに移してから飲んでください。これが一般的な飲み方です。さらにおいしくアレンジした飲み方は、甘いものが好きな人ならばオレンジジュースやリンゴジュースなどに混ぜて飲むとおいしいと思います。あるいは乳酸飲料やはちみつなどでもおいしくいただけます。牛乳や飲むヨーグルトや野菜ジュースなどに混ぜ...

 
 

青汁の父と呼ばれる遠藤仁郎博士の指導のもとに作られた青汁それが「ケール青汁」です。無添加のケールで安心して飲める安全な青汁を作りました。青汁はもともと1943年遠藤仁郎氏が考えたもので、1955年にようやく国内で初めての青汁を生産しました。その後何十年に渡り青汁を作り続けてきました。遠藤博士の教えでもある無農薬で化学肥料も使わず、添加物や着色料も使わない無添加の青汁にこだわって作り続けています。そ...

 
 

青汁の有名な宣伝文句「まずい、もう一杯」で有名なキューサイの青汁です。キューサイとは1965年に創業された会社です。本社は福岡県にあります。キューサイシリーズの青汁製造販売や健康食品の製造販売などを行っています。青汁の製造販売は1982年に開始しました。現在では農薬分析事業や海外輸出、基礎化粧品やシャンプーの通販に至るまで健康に関係する多くの事業を展開しています。良い品を安全にサービスとともに提供...